タクシードライバーの平均給与は?待遇はいい?

出勤ペースや工夫次第で給料を上げられる

タクシードライバーの収入はどのくらいかというと、おおよそ300万円前後です。他の職種に比べると少ないと感じるかもしれませんが、これは給料体系や会社によって大きく異なります。一般的にタクシードライバーの給料は大きく分けると基本給と出来高の2つから構成されています。この基本給はだいたい10万前後であり、残りは出来高です。タクシードライバーは1人で行う仕事なので、自分の好きなときにできるというメリットがあります。仕事にたくさん出て、たくさんのお客さんを乗せることができれば出来高分はその分だけ大きくなります。しかも、出来高の割合が高い給料体系の企業であれば、自分の出勤ペースや工夫次第で給料を平均年収よりもはるかにアップさせることができるのです。

地域差によっても給料は大きく変わる

タクシードライバーの給料は地域によっても大きく異なります。たとえば、地方のタクシードライバーと東京や大阪などの都会のタクシードライバーを比較すると、平均給料が100万円程度変わる場合もあるのです。実際に、都会のタクシードライバーの平均年収はおよそ400万円前後であるの対して、地方のタクシードライバーの平均年収は280万円から300万円程度です。これは都会になればなるほどタクシーの利用数が上昇するからです。利用者が数多くいるということはタクシーに乗せるチャンスに恵まれていることを意味します。都会であれば完全歩合制の給料体系の企業に勤めた方がもしかしたら固定給与制のタクシードライバーよりも多くのお金を稼ぐことができるかもしれません。

社長専属のドライバーの募集はドライバーという業種の中でも求められる資格が増えるようなイメージがありますが、運転免許以外の資格は不要である場合が多いです。