資格は必須?タクシードライバーの仕事に必要な資格とは

タクシードライバーは第二種運転免許が必須

タクシー会社は、日本で多く経営しているのでタクシーの求人数も多いです。未経験者でも、十分正社員として活躍できる分野であり運転が好きな人にとって最適な職業と言えるでしょう。しかし、ここで注意する点がありそれが普通自動車第一種免許ではタクシーを運転する事ができない事です。一般的な普通自動車を運転するために自動車免許を取得している人が多いですがタクシーを運転する場合には、「普通自動車第二種運転免許」が必要になります。もちろん、第二種免許を取得するためには自動車学校に通いさらに費用も必要です。

また、一部地域では地理免許を取得する必要があります。この地理免許は、一部のエリアだけなのでほとんどの地域が取得しなくてもOKです。ただ、取得しなければいけない地域に住んでいるパターンもあるので念のため確認しておきましょう。

タクシー会社の中では免許取得のフォローをしてくれる所も

タクシー運転手になるために第二種運転免許を取得する場合は、教習や試験費用が必要です。ただ、これを自分で負担するとなると金銭的に厳しい場合もありますよね。しかし、タクシー会社の中には第二種免許の取得をフォローしてくれる会社もあります。例えば、免許費用の一部を負担してくれる会社があります。まだ資格を取得していない人でタクシー運転手を目指す場合は資格取得をフォローしてくれるタクシー会社の求人を見つけて採用試験を受けましょう。 その方が費用面のリスクを軽減する事ができるので、安心してタクシー運転手を目指す事が可能です。もちろん、資格取得をフォローしてくれるからすぐに求人に応募するのではなくて、待遇や労働環境なども考慮して決めるようにします。

タクシーやバス、トラックといった運転手の仕事。運転免許を保有している方ならこのような運転手の求人を見つけた際には応募するべきでしょう。保有しているだけで金銭をうまく稼ぐとこができます。