タクシードライバーの勤務体制について

タクシードライバーの多くは隔日勤務

1日の勤務で2日分の仕事をして翌日は必ず休みとなる勤務体制が、隔日勤務です。翌日の休みを明け番といい、この休みは取るべき休日で、この他に公休という休みがあります。そのため、隔日勤務の場合は1カ月のうち半分以上が休日となることが多いです。 1日に2日分の勤務とはどういうことかというと、単純に勤務時間が長くなります。通常、隔日勤務の1日の勤務時間は20時間となり、この中に3時間程度の休憩が含まれています。昼に1時間、夕方と夜にもそれぞれ1時間取るドライバーがほとんどです。しかし、休憩を取るタイミングは自由です。また、タクシー会社は通常24時間営業となっているため、隔日勤務でも開始時間は異なります。例えば、朝7時から夜中の3時までの勤務や午後1時から翌日の朝9時までの勤務など、複数の勤務パターンがあります。

タクシードライバーにも昼日勤や夜日勤もある

タクシードライバーの勤務体制には隔日勤務のほかに、昼日勤や夜日勤もあります。昼日勤とは一般的な会社員と同じく朝から夕方まで働き、週休2日制の勤務体制です。タクシー会社によって異なりますが、通常は朝7時から午後4時までや朝の8時から午後5時までのパターンが多くなっています。昼日勤のメリットは、規則正しい生活が送れることです。夜日勤とは夜から翌日の早朝にかけて働く勤務体制です。夜日勤も各タクシー会社によって異なりますが、午後6時から翌朝の3時までや午後7時から翌朝の4時までのパターンが多くなっています。夜日勤のメリットは渋滞が少なく回転率が上がることと、深夜割増料金となるため売り上げが期待できる点です。

運転手の募集は転職情報サイトを利用すると良いでしょう。様々な条件を絞り込めて効率的に探すことが出来ます。